歩くざふくい いよいよ来週から開催!!

  産業・地域振興課の木下です。

今日はふくい春まつりの一環として開催される、福井の史跡や名所、名店を歩いて体験する歩くざふくいのお話です。



 この
歩くざふくい地元の語り部や店主がガイドとなり、名所・名店・老舗を巡るまち歩き、店主が地元民でも知らないネタやプロの技を披露するまちゼミ2つの体験事業から構成されます。

46日(土)からまち歩きは「姫のお散歩コース」「殿のお散歩コース」「語り部ツアー」まちゼミは臼井煙草専門店「煙草と珈琲の意外な関係とは」を皮切りに始まります。


まち歩き「姫のお散歩コース」と「殿のお散歩コース」は福井商工会議所青年部がコース設定、ネーミング等企画立案から当日の運営面に至るまで全面的にご協力頂いています。その甲斐あって
まち歩き「殿のお散歩コース」は、本日28日で定員に達しました。

また他のコース、まちゼミも申し込み、問い合わせが殺到していますので、参加希望の方はお早めに申込み下さい。

佐佳枝神社の桜、日に日に色が濃くなっています。

 ところで街中でどこからともなく、桜の唄が聞こえてきます。毎年似たような唄を聞いているはずですが、飽きないのは、日本人の心には皆、桜の魂が宿っているからなのでしょうか?

 

※「歩くざふくい」は商工会議所HPでも公開しています。詳しくは下記を検索してください。 http://www.fcci.or.jp/harumaturi/aruku2013/index.html
  • 2013.03.28 Thursday
  • -
  • 18:53

新型LRV! 『世界の車窓から』ならぬ『事務所の窓辺から』

 
総務部のオダニです。

『オダニさん、ちょっと!ちょっと!』と、事務所の窓辺に立った同僚が手招きするので駆け寄ったら、こんな光景が。

福井鉄道新型LRV


福井の街なかを走る路面電車(福井鉄道)の来月4月から導入される新型車両
試運転中のようでした。
現役車両のレトロな、ノスタルジックな感じも良いですが、けっこうビビッドなオレンジカラーの車体は、街の印象を変えてくれそうな雰囲気 充分です。低床なので、乗り降りも便利になりそう。

季節は気付けば、もう春、お花見シーズン目前です。
新しい路面電車に乗って福井の桜を見に行く。なーんてプランは、いかがでしょうか?

  • 2013.03.21 Thursday
  • -
  • 12:30

ジャカルタの活力と影

企画広報部のみねおかです。

 先週、県内の中小企業診断士の仲間でインドネシアのジャカルタを訪問してきました。

 成田から直行便で7時間半、赤道を越え南半球に入ります。一年中気温が変わらず、昼間は30℃を超え、夜でも25℃くらいと、雨期だったので蒸し暑い感じはありましたが、風が吹けば過ごしやすい気候です。

 さて、人口24千万人のインドネシアは経済成長の真っただ中、その中心というか海外からの投資はジャカルタ周辺に集中し、工業団地が不足し価格高騰を引き起こしています。

 一方で、数年前から人件費の上昇が始まり、作業員の賃金は中国をちょっと下回るくらいにまで上昇してきているとのお話しで、今後も政策的に上げないと内需中心の経済なので雇用を生み出せないということでした。

 数年前には、中国で賃金が上昇したため中国の縫製産業がベトナムに進出するという新聞記事を見ましたが、ジャカルタ周辺でも韓国の縫製企業が撤退したという話も聞かれました。

 インドネシアは親日的で、日本企業の投資が最も多いという地域ですが、中小製造業の進出にはまず販路としての取引先がしっかり確保できていることが重要で、その上で、韓国企業や現地企業などへの更なる販路開拓ができる営業力を持てるかどうかがカギになるようです。

 一方で、高級スーパー等では日本製品も多く見受けますが、価格は日本とほぼ同じ水準です。一人当たりGDPが35万円という現状(インドネシア全体、ジャカルタ首都圏は120万円まで上昇)では、高嶺の花というか富裕層しか手が出ないものとなっています。ただし、日本製は高くても買いたいという人も多いようですが。
 では、富裕層はどれくらいいるのかというと、ジャカルタ周辺で500万人程度。ほとんどが福建省をルーツに持つ華僑ということでした。この層が徐々に増えて、2020年には1,000万人を超えると予想されています。一方で、中間層といわれる世帯年収50350万円の層は19千万人に増えるとの見方もありますが、50万円に近い低い層が大多数を占めるのではないか(それも外資系企業の賃上げのお陰で)とも感じました。
 この所得アップを狙ってか、外資系の大型商業施設の建設ラッシュにあったジャカルタ市内でしたが、渋滞を加速させるという理由で、現在は新規建設にストップが掛っています。その分ジャカルタを一歩出ると、新たな大型商業施設の建設が始まっていました。

 とにかく、印象は「大都市」、「大渋滞」、「貧富の格差」。自動車や工場の増加に、道路や港湾施設の整備が追いついていないなど課題もたくさんありますが、バイクと自動車が溢れる市街地を見ると、「アジアの活力」を再確認しました。

  • 2013.02.28 Thursday
  • -
  • 17:20

お店がお店を紹介するスタンプラリー

産業・地域振興課の藤原です!

ブログ連投です。どんどんいきたいです。

 

今日は当所で開催中の「お店がお店を紹介するスタンプラリー」についてご紹介します。

 

このイベント、当所が開催する販促勉強会“販促ワクワクミーティング”のメンバーが実施している販促企画です。

 

自店のお客さんに個性的なメンバー店舗を紹介し合うことで、“色んなお店を知ってもらいたい!”“新しいお店の発見を楽しんでほしい!”という趣旨のもと開催しています。

 

自店のPRではなくて、他店をPRし合うところがミソですね。

 

かくいう私もラリーしているところですので、これまでの私のラリー状況を参考までにご紹介します。

 


1
店舗目に選んだのは、みのりにある「初味寿司 本店」です。

回らないお寿司を食べるなんて、1年に1度あるかないかの貴重なことです。

先輩が奮発して連れていってくれました。

 

多彩な創作料理が満載で、目と舌で料理を楽しませていただきました。

板前の松谷さんです。(写真がぶれてすいません)

板前の松谷さんです


2
店舗目にご紹介してもらったのは、ご近所にある花堂の「竹内菓子舗」です。

 

以前テレビにも取り上げられた、「四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ」のお店ですね。もちろんカステラを購入。ふわふわしっとりしていて、コーヒーとよく合います。個人的にはプレーンよりチーズが好きです。
さわやかな5代目です
さわやかな5代目です

 

3店舗目には「同じ和菓子屋で“餅粉”を使ったケーキを作っているお店があるよ」とご紹介いただき、御幸にある「餅の田中屋」へ。

 

昔ながらのお餅と一緒に並んでいた「もち粉の入ったお餅屋さんのチーズケーキ」を購入。なんとホールで550円(税抜)というお値打ち価格!フワフワでモチモチの触感が楽しめます。

時間帯によっては売り切れちゃうらしいので、無事買えてよかったです。

餅粉のチーズケーキ、一押しです

餅粉のチーズケーキ、一押しです 


さて、続いて4店舗目ですが、ちょうど髪が伸びてきたので美容室へ行くことにしました。

オープン当初から足を運んでいる高木の「Hair&Spa Nico」です。

 

店長はカットだけでなく、頭皮マッサージやツボ押しなどリラクゼーションに関する知識も豊富で、今日もぐっすり眠れるツボを教えてもらいました。



ここで補足ですが、Nicoはラリー店舗のうち「Bグループ」に属する店舗です。Bグループの店舗では、メールアドレスなどの連絡先を提供すれば買い物しなくてもスタンプがもらえます

Nicoでは髪を切らなくてもスタンプがもらえますが、私はタイミングよくカットしてもらいました。

Nico 虎尾 

男前のオーナーです


ということで、ここまでで4店舗まわりました。
ラリーシート
僕のラリーシートです


実は、米粉カステラを買いにもう一度竹内菓子舗に行ったので、スタンプは5つです。

同じ列でなければ、一度行ったお店のスタンプも複数回押してもらえます。

 

1列揃えてビンゴになると、500円の割引券または店舗のオリジナルサービス券として利用できます。

 

Bグループのスタンプは、押してもらえる場所が限られているのであいにくビンゴにはなりませんでしたが、リーチが2つかかっているので、がんばります!

 

ぜひ皆様も参加して、ラリーを楽しんでください。

(ラリーの参加店舗はこちらを参照下さい)

 

  • 2013.02.06 Wednesday
  • -
  • 12:10

浜松にて福井のPR

産業・地域振興課の藤原です!

ブログ初書き込みです。よろしくお願いします!

 

先週の事ですが、124()25()2日間、静岡県浜松市にて開催された「はままつメッセ2013」へ福井企業とともに出展しましたので、簡単にご報告を。


はままつメッセ2013は、東海圏の中小企業を中心に131のブースが出展し、熱意の高い企業に多数出会うことができました。

(遠くは北海道から出展する企業もありました!)
 

浜松市といえば、自動車メーカーのSUZUKIや楽器で有名なYAMAHA、隣町にはバイクでおなじみヤマハ発動機といった大手メーカーがひしめく、国内有数の工業集積地です。

 

今回は、福井県内ものづくり企業の東海圏における企業PRとビジネスマッチングを目的に出展しました。


 

当日は福井県ブースとして、県内ものづくり企業4社と福井商工会議所の5ブースで出展し、当所は“福井ものづくり企業・技術データベース”を活用した、県内ものづくり企業のPRを行いました。

福井企業のブースです

 

福井県産業に対する県外のイメージは、やはり“眼鏡”がダントツです。そこで、眼鏡の製造技術を活かして、新たな製品や技術開発に取り組む中小企業が多数あることをPRしてきました。

 

しかしながら、立場的にこれまでは展示会を催す側の自分にとって、展示会に出展するのは初めての経験で、来場者の方々にいかに足を止めてもらえるよう“魅せる展示”ができるか、その難しさを痛感しました。

 

来年度も当所では、県外展示会への出展や他都市企業との商談会を実施する予定です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。我々も、より魅力的なブースで県内企業のPRに励みたいと思います!


余談ですが、浜松といえば餃子も有名なので、ちゃっかりいただいてきました。
浜松商工会議所の方に紹介してもらった店の餃子はとてもあっさりと食べやすく、軽く20個食べてしまいました。
プライベートでもまた行きたいですね。

  • 2013.01.30 Wednesday
  • -
  • 12:31


■カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

■最新の記事

■アーカイブ

■サイト内検索

■QRコード

qrcode